4DS

  • だらっとラジオ、だらっと放送中
  • 日本姿勢ソムリエ公認全国の資格所得者

資格について

姿勢分析師

生体物理学を基礎として学び、人体の機能構造を最先端の知識で分析、指導できます。

理想的な姿勢を示し、人体の機能構造に対しても誰も反論できない技術と知識を身につけます。
4DSの姿勢分析師を取得すると、基本的な4DSの知識を元に患者様の評価・コーチングができます。
4DS姿勢分析師は生体物理学を基礎として学び、人体の機能構造を最先端の知識で分析、指導できます。
「背筋を伸ばし、胸を張るのが良い!!」という姿勢の常識は、機能構造学的に、
筋肉に負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になることがわかりました。
しかし、未だにその間違った常識は、医療従事者や一般の人々に迷信のように伝えられています。
4DSの姿勢分析師は、科学的根拠を示し、人々を理想的な姿勢に導きます。
今までの姿勢の指導は
『ちょっと猫背ですね?」とか「平背ぎみですね。」と曖昧で何の基準もなく、その先生の感覚だけで行なわれていました。
4DSの姿勢分析師は背骨のs字カーブを特殊なメジャーで計測できることができ、
「理想的な背骨のカーブとどのくらい乖離ているのか?」
「本当に猫背なのか?」
「ストレートスパインと言われたけど、どのくらいまで背中を丸くしたらよいのだろうか?」
「理想的な体の重心はどこなのか?」
を分析し、筋肉に負担のかからない理想的な姿勢へと指導してくれます。
立位だけでなく、理想的な座位、寝かた。呼吸法まで指導できます。
4DSの姿勢分析師は下記の生体物理を学んだ姿勢や機能、構造の日本のリーダーです。

会員ホームページをご用意しています。
24時間インターネットができる場所であればいつでも見ることができます。
オンラインなので繰り返し復習するなり自分のペースで講座を受けることができます。
※会員ホームページ、オンライン講座は現在準備中のコンテンツとなっております。

第1部 理想的な立位

  • ■ Xrayのジオメトリー
  • ■ SIジョイントのメカニズム
  • ■ リオロジー

4DSの基礎となるXrayジオメトリーやSIジョイントのメカニズム、リオロジーについて学びます。
理想的な立位について深く学ぶことが全ての基本となります。

第2部 姿勢

  • ■ 「姿勢のカーテニアンコーディネーとシステム。グローバルのカップリング ユーラーバックリング、スナップスルー、 靭帯損傷による不安定。」と「軟部組織のリモデリング」

第3部 4つのタイプの神経干渉とは?

  • ■ 脊髄と脳幹の緊張
  • ■ 身体と自律神経の反射
  • ■ 電磁気による骨の性格
  • ■ 神経根の圧迫

姿勢分析師試験

ペーパーテスト

30問のペーパーテストを受けていただきます。過去問をご用意しているのでそちらを参考にしてください。
姿勢分析師の資格取得は座学の講座と手技講座を受け、ペーパーテストにて◯◯点以上となります。
合格者には証書と姿勢分析師のロゴをお渡しいたしますのでご利用ください。

プラクティショナー

4DS姿勢分析師の有資格者であり、その中でも、4DSの生体物理学に基づいた手技の試験に合格した人たちである。

4DS Practitioner (プラクティショナー)は、実際に患者さんを矯正し、靭帯の粘性に働きかけるノウハウを熟知した施術者です。4DSの基本動作の骨盤、胸椎、頸椎、顎を手技を中心に行います。
姿勢の改善だけでなく、症状の改善もでき、治療院の運営もできます。
4DS姿勢分析師の有資格者であり、その中でも、4DSの生体物理学に基づいた手技の試験に合格した人たちである。
4DS Practitioner (プラクティショナー)は、4DSの手技を安全かつ有効に使うことができると認定された人々です。
4DSの姿勢分析師同様に姿勢や呼吸を分析し、指導します。
また、理想的な姿勢や呼吸に近づくための、4DSの矯正をします。
4DSの矯正とは、軸合わせ、減腔、蛇の動き、胎児の動き、豹の動き、空間技などです。
4DSの矯正法は、最高圧から微圧まで使った最新で高度なテクニックです。
人間本来持つ体の在り方、使い方を体に再教育し、自然治癒力を向上させる手技療法です。
4DSの姿勢分析師を取った後、訓練し、公認試験に合格した者だけが、4DSのプラクティショナーの称号がもらえます。

実際の手技を目の前で実践しながら行うセミナーです。
事前にオンライン講座を受けた方のみ対象となります。

第4部 腰・骨盤編

  • ■ SLRを自由自在にする
  • ■ 膝倒しを自由自在にする
  • ■ 足の伸展を自由自在にする
  • ■ 足のMMTを自由自在にするにする
  • ■ 空間コマ回し
  • ■ 空間ウェーブ
  • ■ ピラミット可動性が大きくなる
  • ■ 腰痛患者の座位の視診可動域検査
  • ■ 基本動作
  • ■ ぎっくり腰の対象法

第5部 下肢

  • ■ 足首が細くなるには? 踵重心 なぜ? 実験 実際に測る

第6部 肩・首

  • ■ 理想の肩甲骨、鎖骨の位置、綺麗な鎖骨と肩甲骨を作る

4DSプラクティショナーは、減腔の施術や4DS手技ができる人です。
減腔は、治療効果やアンティエージングに効果が抜群ですが、骨や関節を扱うので、素人がやると危険も伴います。
姿勢分析師を取った後に、練習を重ねて手技試験に合格した人だけが取れるライセンスです。